羽生結弦選手「苦しんだ4年あったから」 競技から一夜明け語る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=は競技から一夜明けた18日、韓国・平昌の平昌JOCジャパンハウスで記者会見した。

 羽生は成功すれば世界初となる超大技のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)習得に向けた思いや今後について語った。

 ―一夜明けての心境は。
 「ソチ五輪とは違い、たくさんの思いを込めて金メダルを取りに行った。思い描いたメダルをかけることができて本当に幸せ」

 ―競技以外で今後挑戦したいことは。
 「スケートをやめる気はない。まだやりたいことが残っている。もう少しだけ自分の人生をスケートに懸けたいと思っている」

 ―メダルまでのプロセスは。ソチ五輪後に描いた青写真通りだったか。
 「4年前から今日までぜんぜん違う。手術、捻挫、けがと病気に苦しみながら4年間を過ごした。でも、NHK杯でけがをするまで順風満帆でうまくいっていたとしたら、金メダルは取れてなかった。いろいろな経験があったからこそ」

 ―4回転アクセル(4回転半ジャンプ)は右足首への負担が怖くないか。
 「右足首の状況を見ながら習得したい。正直、自分に満足している。今が幸せだから、またつらい時期が来る。まずはリハビリに専念できれば」

 ―最後にひと言。
 「スケートを滑れて幸せ。五輪のマークがあってたくさんの応援があって、誇りを持って金メダリストになれた。これからの人生も金メダリストとしてしっかり全うしたい」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる