「鬼塚選手、よく頑張った」 アルツ磐梯で応援、健闘たたえる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鬼塚、岩渕の挑戦を見守ったスキー客ら=22日午前、磐梯町・アルツ磐梯

 「鬼塚選手、よく頑張った」。決勝の3回目が終わると、五輪2種目を戦い抜いた鬼塚雅を後押ししてきた練習拠点・星野リゾートアルツ磐梯(磐梯町)のスタッフらから、ねぎらいや感謝の言葉が上がった。

 同スキー場で22日に開かれたパブリックビューイング(PV)には、鬼塚や星野リゾート猫魔スキー場などで練習してきた岩渕麗楽らの応援のため、アルツのスタッフやスキー客が集まった。アルツに作られた平昌とほぼ同じ仕様の練習コース「雅パーク」の整備を手掛けた風間威治(たけじ)さん(43)は「練習では大技のバックサイド・ダブルコーク1080の成功を見ていた。惜しかった」とねぎらった。

 最前列で応援した両スキー場の総支配人八木貴博さん(45)も健闘をたたえ「大舞台の難しさを見た。鬼塚選手の姿から、支えてきたわれわれも挑戦する勇気と元気をもらった。帰ってきたら次の挑戦に向けて、また一緒に頑張りましょう」と感謝の言葉を述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる