羽生結弦選手に「国民栄誉賞」 フィギュア男子・冬季五輪2連覇

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦選手(23)=ANA=の国民栄誉賞表彰式が2日、官邸で行われた。人間国宝の甲田綏郎(よしお)さんから贈られた故郷仙台の伝統織物のはかま姿で臨み「自分だけで取れるものではない。(歴史を)切り開いてくださった方々がたくさんいて、代表として頂いた。これからも国民栄誉賞の名に恥じないスケートをしていくことが大事」と喜びを口にした。

 東日本大震災などの苦難を乗り越えての偉業で、国民に感動や勇気、社会に夢と希望を与えたと評価された。個人としては最年少の受賞、スケート界からは初めて。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場