「橘」vs「橘」 福島市と東京都墨田区の野球部が練習試合

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「橘」vs「橘」 福島市と東京都墨田区の野球部が練習試合

「橘」「TACHIBANA」と書かれたユニホーム姿で試合をする選手たち

 「橘」対「橘」。福島市の橘高野球部と東京都墨田区の都立橘高野球部の練習試合が6日、同市の橘高グラウンドで行われた。

 都立橘高の監督に4月に就任した幕田一也教諭(29)は同市出身で福島商高卒。本県への遠征試合を企画し、「同じ名前。やってみたい」と、両校の練習試合が実現した。

 胸にそれぞれ「橘」(福島)、「TACHIBANA」(都立)と書かれたユニホームの選手たちが2試合行い、いずれも同市の橘が勝った。2連勝した安斎守監督(58)は「橘同士、来年以降も練習試合を続けたい」と再戦への意欲を語った。