学生野球協会優秀選手の聖光学院・三浦前主将を表彰 福島県高野連

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
喜多見会長から記念盾を受けた三浦前主将(左)

 県高野連は21日、福島市の福島商高で本年度の日本学生野球協会優秀選手表彰を行い、優秀選手に選ばれた聖光学院高野球部の三浦陸前主将(3年)に記念盾を贈った。

 三浦前主将は、多くの部員が所属するチームを統率し、昨夏の甲子園出場に導いたほか、生活面でも他の生徒の模範となる行動をしてきたことが評価された。

 式では、県高野連の喜多見薫会長が「主将としてチームの選手一人一人に目配りし、まとめ上げた。今後も、高い志を持ち、精進してほしい」とあいさつした。三浦前主将は「仲間や両親、聖光スタッフらの支えがあったおかげで受賞できた。今後は教員を目指し、勉学に励みたい」と述べた。

 三浦前主将は仙台大への進学が決まっており、中学、高校の保健体育教員を目指すという。

民友セレクション