聖光学院・斎藤智也監督、人材育成のこつ伝授 若松で講演会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
人材育成のこつを披露する斎藤監督

 全会津電気工事協同組合は25日、会津若松市の御宿東鳳で聖光学院高野球部の斎藤智也監督の講演会を開いた。参加者が人材育成について学んだ。

 約110人が参加した。斎藤監督は「環境に感謝し、選手に愛情を注ぎ、ぶれない人間に成長できるかが大切」と選手を育てるこつを披露。普段ミーティングで選手に話していることを紹介し、参加者は斎藤監督の重みある言葉に感心して聞き入った。

 新年会では、五十嵐守市建設部企画副参事、鏡敬文県会津地方振興局長、長谷川守夫会津若松商工会議所副会頭、千葉正宏東北電力会津若松支社長が祝辞を述べた。

 江川佳伸県中小企業団体中央会会津事務所長の乾杯の発声で祝宴に入り、出席者が今年1年の活躍を語り合った。

民友セレクション