光南高・溝井が「プロ志望届」 夏の福島大会の過去最高打率

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本高野連は9日、光南高の溝井琴博がプロ野球志望届を提出したと発表した。溝井は右投げ左打ち。今夏の第98回全国高校野球選手権福島大会では1番・二塁手として出場し打線をリード。6試合で打率6割8分を記録し、福島大会の過去最高打率を上回った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る