「プロ志願届」福島県勢5人 高校は光南・溝井、福島工・久岐

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本高野連と全日本大学野球連盟は6日、プロ入りを希望する選手に義務付けた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で216人(大学111人、高校105人)が届け出た。20日のドラフト会議で指名対象となる。

 本県関係は溝井琴博(光南高)、久岐斗亜(福島工高)、益子弦、加藤颯太(福島大)、松本匠(帝京大、学法石川高卒)が志望届を提出した。