会津高野球部がOBと「紅白戦」 3年生と熱戦、親睦深める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
田沢会長(右)から激励金を受ける一ノ瀬監督

 会津高野球部後援会(田沢豊彦会長)は12日、会津若松市の同校で現役・OB交歓会を開き、野球部員とOBらが親睦を深めた。

 毎年の恒例行事で約70人が参加した。セレモニーでは、渋川亮佑前主将(3年)と田沢会長があいさつ。田沢会長が一ノ瀬圭監督に激励金20万円を手渡した。佐藤聡一郎主将(2年)が「秋の大会まで時間は少ないが、一日一日を大切にして結果を残せるよう努力する」と意気込みを語った。

 3年生とOBの紅白戦が行われ、OBが現役時代さながらの守備を披露し、快音を響かせると、部員らからは拍手が起こった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る