ならはスタジアム「電光掲示板LED化」 ふたば未来練習拠点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
完成したLEDカラー式の電光掲示板=楢葉町・SOSO.Rならはスタジアム

 楢葉町が総合グラウンドにある野球場「SOSO.Rならはスタジアム」に整備を進めてきたフルカラー発光ダイオード(LED)方式の電光掲示板が完成、2日に点灯式が行われた。

 掲示板は、縦4.4メートル、横17.2メートル。約36万3260個のLEDでスコアのほか、動画や写真も色鮮やかに投影できる。

 併せて一塁側400席、三塁側330席の観客席も更新された。

 式では松本幸英町長、塚本泰英相双リテック会長、高木昌祺県野球連盟副会長・相双野球連盟会長、町関係者ら、相双地区の高校球児がスイッチを押した。

 同球場を練習拠点とするふたば未来学園高野球部の小松来紀主将(2年)は「自分たちが使ってきた球場が素晴らしくなってうれしい」と笑顔を見せた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る