背番号は西巻「67」、松本「133」 楽天・新入団選手発表会見

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
入団会見で活躍を誓った西巻内野手(右)と松本内野手=仙台市

 楽天入団会見楽天は22日、仙台市で新入団選手発表会見を行い、ドラフト6位指名の西巻賢二内野手(仙台育英高3年、会津若松市出身)と育成2位指名の松本京志郎内野手(光南高3年、西郷村出身)が「毎日練習をして早く一軍になる」「しっかり体をつくり中心選手になりたい」とプロでの活躍を誓った。楽天野球団の立花陽三社長と梨田昌孝監督、新入団選手10人が出席した。

 西巻賢二内野手の背番号は「67」、松本京志郎内野手は「133」に決まった。

 楽天ジュニア出身者として初めて楽天に入団した西巻は「新入団選手の中で最年少。明るく元気に頑張りたい」と抱負を語った。今季ベストナインに選ばれた銀次、クルーズら名だたる名選手から引き継いだ背番号67について「好きな数字の『7』が入っているのでうれしい。これまで付けていた選手に負けない結果を残したい」と誓った。

 育成選手の松本は「まだまだ力が足りない。プロに入ってからの成長ぶりを見てほしい」と支配下登録への意気込みを語った。また、クローザー松井裕樹のスライダーを体感したいと述べ、チームとの合流を待ちきれない様子を見せた。

 報道陣からファンから呼ばれたい愛称を聞かれると、西巻は幼い頃から呼ばれている「けんちゃん」、松本は「名前に誇りを持っている」として「京志郎や京ちゃん」とそれぞれ答えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる