聖光学院野球部・斎藤智也監督「心は鍛えれば鍛えるほど無限」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
甲子園出場に導いた指導方法を語る斎藤監督

 福島市交通教育専門員会(宍戸巧会長)は11月30日、福島市音楽堂で聖光学院高野球部の斎藤智也監督を講師に招き、福島市交通教育専門員制度の創設50周年を記念した講演会を開いた。

 県北地区の交通教育専門員ら約50人が参加した。斎藤監督は野球部を甲子園出場に導いた指導方法を紹介した。1999年(平成11)年に監督に就任した際に、3年以内に甲子園に出場できなければ「クビ」と言われながら2年目に出場を果たしたエピソードを紹介し、「心は鍛えれば鍛えるほど無限。人格をとぎすまし、潔いプレーができる選手の育成に努めてきた」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる