学法石川高・野球部監督に佐々木氏 仙台育英で甲子園19度出場

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 学法石川高野球部監督に前仙台育英高野球部監督の佐々木順一朗氏(58)の就任が決まった。県内屈指の"古豪"学法石川の1999(平成11)年夏以来となる甲子園出場を目指す。29日に記者会見を開く。

 佐々木氏は宮城県出身。東北高でエースとして甲子園に2度出場した。早大、電電東北(NTT東北)を経て、仙台育英高監督として甲子園に夏13度、春6度出場した。甲子園での通算成績は29勝19敗。2001年春と15年夏に準優勝を果たした。

 監督時代には佐藤由規投手(ヤクルト)橋本到外野手(巨人)上林誠知外野手(ソフトバンク)西巻賢二内野手(楽天、会津若松市出身)ら多くのプロ選手を輩出した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手