喜多方が田島に逆転勝利 4度目の正直、遠藤が決勝打

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【喜多方―田島】8回裏喜多方1死満塁、勝ち越しの適時三塁打を放つ遠藤純=あいづ球場

 「バットに当てれば何とかなると信じて振った」。勝ち越し打を放ち、勝利の立役者となった喜多方の遠藤純(3年)の笑顔がはじけた。

 3打席凡退後に巡ってきた8回の好機。「前の打者で同点になったので、落ち着いて打席に入れた」と遠藤。直球で攻めてくるとの読み通り、内角の球にタイミングを合わせて力強くバットを振った。練習ではさまざまな場面を想定したイメージトレーニングを欠かさないという。イメージ通りの打撃に、遠藤は「まずは相手に気持ちで負けないこと」と自信をにじませた。