尚志が須賀川に競り勝つ 菊池、適時打に笑顔

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【尚志―須賀川】7回表尚志無死二塁、菊池の左前適時打で生還し同点とする尚志の大橋=白河グリーンスタジアム

 7回無死2塁で左前適時打を放ち同点とした菊池彬彦(2年)は「3年生に恩返しができて、うれしい」と笑顔を見せた。

 尚志は須賀川との対戦成績が過去3連敗と、雪辱を果たす絶好の機会だった。「昨日からチームの雰囲気が良かった」と菊池は話し、9日に雨天順延となった後にストレッチなどで調整したという。菊池は「どんな球でも打つ」と意気込んで打席に入り、甘く入ったスプリットを打ち返した。

 「チームのために、打撃で盛り上げたい」と次戦の若松商戦へ向けて、気を引き締めた。