会津農林、10回サヨナラ勝ち 郡山北工は3点先行守れず

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【郡山北工-会津農林】10回裏会津農林2死二塁、サヨナラ適時打を放つ秋山=あいづ球場

 会津農林が延長戦に持ち込み逆転勝ちした。

 会津農林は1点を追う8回、先頭の高久の中前打をきっかけに犠打や敵失で同点に追い付いた。10回2死二塁、秋山の適時打でサヨナラ勝ちした。

 郡山北工は序盤の3点のリードを保てなかった。

  延長10回裏、ふらふらと右翼に上がった打球は、そのままグラウンドに落ちた。サヨナラ勝ちを決めた一打に会津農林の秋山和真(2年)は「何か"持っている"のかな」と照れ笑いした。

 2死二塁、外角の直球を振り抜いたが、「打ち上げてしまった」と右飛を覚悟。夢中で一塁ベースを駆け抜け、再びボールの行方を追うとナインが喜ぶ姿が目に入り、勝利に気付いた。

 会津農林の部員は試合前に球場の周辺を掃除した。野球ができる環境に感謝するため日々の練習などでも行っている。この日のサヨナラ打に、「野球の神様がどこかで見ていたのかも知れない」と秋山。  もちろん、神頼みだけではいられない。「下半身を使って振り、コンパクトな打撃を心掛ける」と課題を克服して次戦に臨む。

民友セレクション