投打かみ合い田村、夏100勝 石井が勝負強さ発揮

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【田村―福島工】5回表田村2死二、三塁、石井が適時打を放つ=開成山球場

 田村の投打がかみ合った。

 田村は2回1死満塁から大場の適時打で先制。3―0で迎えた5回2死2、3塁には石井が2点適時打を放ちだめ押した。先発渡辺は3安打無失点の力投。

 福島工は勝負どころで守りのミスが響いた。

 「歴史的勝利に貢献できた」。田村は県内12校目となる夏100勝を達成。石井大也(2年)が5回に2点適時打を放ち、節目の勝利を引き寄せた。

 大越中時代、「地元の伝統ある野球部でプレーしたい」と県内屈指の実力校の門をたたいた。決意は実を結び、昨夏は1年生ながら正捕手を務めチームのベスト8進出に貢献した。今大会は「昨年の経験が大きい。リラックスして臨めている」と主砲駒木根祐也(3年)の後ろを打つ5番として勝負強い打撃をみせる。

民友セレクション