福島が延長10回サヨナラ勝ち 福島高専、終盤好機逃す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島高専―福島】延長10回裏福島2死2塁、武内の適時打で生還する渡辺大=あづま球場

 福島が延長10回にサヨナラ勝ちした。

 福島は10回、先頭の渡辺天が2塁打で出塁。後続2人が三振に倒れ2死2塁となったが、武内が左前に運び、試合を決めた。

 福島高専は終盤に再三好機をつくったが、一打が出なかった。

 福島が誇る「俊足兄弟」が延長十回の激戦に終止符を打った。兄渡辺天駿(3年)が2塁打で出塁。ここで、両脚をつった兄の代走に入った大輝(1年)が好走で生還した。

 天駿は左中間に飛んだ打球を確認し2塁に向かう途中に両脚がけいれん。はいながら2塁に到達すると、救護に駆けつけた八巻勤監督に「大輝でお願いします」と足の速い弟を代走に起用することを進言した。

 代わった大輝は、武内優(3年)の左前打に「迷いはなかった」と思い切った走塁でホームイン。天駿は治療を受けていたため弟の好走を後で知ったが、「うれしかった」と顔をほころばせた。