いわき総合、『奇策』で意地 総力戦も王者・聖光学院揺るがず

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―いわき総合】8回裏聖光学院2死二塁、マウンドに集まるいわき総合ナイン=あづま球場

 聖光学院が好機を逃さず得点した。いわき総合は投手陣が粘ったが、1点が遠かった。

 選手17人のチームが"奇策"で王者に立ち向かった。いわき総合は6度の投手交代で聖光学院打線の目先を変えたほか、5回には内野手1人を外野に加える外野4人態勢。総力戦で挑んだ最後の戦いに「すべて出し切った」とナインは感慨深げだった。

 「勝つためにどうすればいいか考え抜いた」と白土智泉監督。昨秋、今春とも県大会出場を果たせなかったチームが強豪校に立ち向かうための戦略は試合前日、ナインに伝えられた。

 この試合でマウンドに立った4人が本格的に投手の練習を始めたのは、いずれも高校に入学してからだった。なるべく同じ打者に2打席連続で投げることがないように交代、強力打線を相手に4失点。エース岩谷健太郎(3年)は「上出来だったと思う」と振り返った。

 しかし負けたことも事実。主将の伊藤悠汰(3年)は「悔しいし、悲しい」と心境を語った。「このチームの強さを実感できたから」。仲間と一丸となって戦った夏を胸に刻んだ。