光南『春王者の貫禄』、勿来工下す 先発・坂路、ゴロの山築く

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【勿来工―光南】6回裏光南1死二塁、打球が左足に当たり、マウンド上で足を押さえる勿来工の大久保(右)

 光南が序盤から得点を重ねて終始リードを保ち、勿来工を下した。

 「監督からしっかり締めてくれと声をかけられ、全力で投げ抜いた」。7回表、4番から始まる相手打線を3連続三振で抑え込んだ光南の先発坂路翔(3年)は安堵(あんど)の表情で試合を振り返る。

 1、3回戦をコールド勝ちで勝利を飾り、打線が好調だった勿来工を7回2安打、2失点。打たせて取る投球を意識し外角の直球と変化球で相手バッターに球を引っかけさせ、内野ゴロの山を築いた。

 「先頭打者の四球だけは避けたかったが初回に出してしまった」と満足していない。試合を重ねるごとに成長を重ねる背番号「11」が投手陣を支える。

 勿来工・大久保、無念の降板

 「最後まで投げたかった」。勿来工の2番手投手大久保大地(3年)は6回、相手の放った打球が左足に当たり、降板。試合後、目を赤くしながら無念さをにじませた。

 今大会中、調子が上がらないエース折笠一真(3年)に代わってマウンドを守った大久保。この試合は折笠が先発し、大久保は折笠から引き継いだマウンドで強豪相手に気持ちを高ぶらせていた。

 「今まで頑張ってきた折笠の分も投げたかった」。不運なアクシデントに大久保は肩を落とし、悔しさを隠しきれなかった。