学法福島が55年ぶり快進撃 仲間の笑顔に支えられ、長田が完封劇

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法石川―学法福島】9回4安打完封した学法福島の長田=いわきグリーンスタジアム

 学法福島は投打がかみ合い、第3シード学法石川を破った。

 55年ぶりの4強入りが懸かった試合で9回4安打無四球完封。その数字とは裏腹に「いつ打たれるのか心配だった」という学法福島の左腕長田聖也(3年)を支えたのは仲間の笑顔だった。

 学法石川は昨秋の県大会で6―0で敗れた相手で「組み合わせが決まった時から意識していた」という長田。ノーストライクスリーボールとカウントを悪くしても「俺たちが付いているぞ」という背後やベンチからの声が後押しとなった。得意のスライダーを中心に組み立て強気でストライクを投げ込んだ。

 8回表の攻撃で出塁した際には両脚がけいれんしていた。そんな時も普段練習を共にするエース佐藤巧麻(同)の「俺がいるから大丈夫」という言葉に励まされた。

 「全員で打ち取ろう」と考えると、焦りはなくなっっていた。完封勝利は1年の時以来で「上出来だと思う」と顔をほころばせた。

 昨年は初戦敗退に終わった学法福島。55年ぶりの快進撃を続けるチームの要因を長田は「ピンチでも笑顔でできている」と分析する。「1試合ごとに最後だと思って臨む。3年間で学んだことを全て出す」。目の前の一戦一戦を笑顔で戦い抜く。