決勝への切符懸け、「4強」23日激突 夏の高校野球福島大会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 夏の甲子園出場を懸けた第98回全国高校野球選手権福島大会第9日は21日、郡山市の開成山球場といわき市のいわきグリーンスタジアムで準々決勝4試合が行われた。第1シードの聖光学院、第2シードの光南、第5シードの日大東北、ノーシードの学法福島が4強入りした。

 10連覇を狙う聖光学院は小高工に6―2で快勝。光南は会津に8―6で打ち勝った。日大東北は磐城に延長10回でサヨナラ勝ち。学法福島は学法石川に7―0と完封勝ちし、55年ぶりに準決勝進出を決めた。

 準決勝は、聖光学院―日大東北が23日午前10時、学法福島―光南が同午後0時30分から、いずれも開成山球場。決勝は同球場で24日午前11時から行われる。