「初陣で校歌を」8シード・小高産業技術 感謝の思い胸に臨む

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 小高工と小高商が統合し、第8シードとして初の夏の大会を迎える小高産業技術は初戦の2回戦で県立石川に挑む。石附享主将(3年)は「相手に関係なく、チーム一丸で勝利を飾りたい」と力を込めた。

 春の県大会では初勝利を挙げ、新たな歴史を刻んだナイン。石附主将は「たくさんの人の支えがあって野球ができている。絶対に勝って、思い切り新しい校歌を歌って恩返しがしたい」と感謝の思いを胸に臨む。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る