安達が開幕試合制す 福島南に8回コールド、主砲・鈴木3打点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【安達-福島南】2回裏安達2死二、三塁、鈴木が中前に2点適時打を放つ。捕手菅野=あづま球場

 開幕試合は安達が10安打9得点とそつのない攻撃が光り、福島南に9―2で8回コールド勝ちした。

 4打数3安打3打点の大車輪の活躍で勝利に貢献した安達の主砲鈴木智仁(3年)は「この一戦で自分たちの野球を完成させることができた」と初戦突破の喜びをかみしめた。

 2回に迎えた第2打席。初回に先制の適時打を放ち勢いに乗る鈴木は「ミートすれば飛ぶ」。相手エースの渾身(こんしん)の一投をきっちり中前にはじき返した。

 序盤は開幕戦の硬さが見られた安達。鈴木の一打で勢いに乗ると犠打や盗塁を織り交ぜる多彩な攻撃でリードを広げた。橋本紀彦監督も「犠打も攻撃の一つ。練習では終盤の粘り強さを意識して指導してきた」とナインの成長した戦いぶりをたたえた。

 次戦は一昨年に敗北を喫した帝京安積戦。鈴木は「先輩たちのためにもリベンジを果たしたい」と闘志を燃やした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手