「史上最高の夏へ最後まで全力」 勿来工・斎藤主将が選手宣誓

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手宣誓する勿来工の斎藤主将

 福島市のあづま球場で7日に開幕した第99回全国高校野球選手権福島大会。開会式では84校78チームの選手たちが入場行進した。11連覇の懸かる聖光学院が優勝旗を返還。小林喜則県高野連会長が「心一つに躍動する姿を見せてほしい」とあいさつした。

 「野球仲間や家族、先生ら、自分と関わってきた全ての人への思いを盛り込んだ」。選手宣誓した勿来工の主将斎藤亜斗夢(3年)は大役を終え、ほっとした表情を浮かべた。

 「福島史上最高の夏にできるよう、最後まで全力で戦い続けることを誓います」と力強く宣誓。出来栄えを点数で聞かれると、「間違えずに大きな声でできた。100点満点」と答えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」