小技光るいわき光洋コールド発進 5番・小野寺の適時打で勢い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【長沼―いわき光洋】2安打2打点の活躍でチームの勝利に貢献したいわき光洋の小野寺=いわきグリーンスタジアム

 いわき光洋は走塁や小技を生かして得点、長沼を11―1の5回コールドで下した。

 大量得点で快勝した第3シードのいわき光洋。5番の小野寺将来(まさき)(2年)は春季東北大会以降に磨いた変化球に対応した打撃で適時打を放ち、打線に勢いを与えた。

 同じいわき勢の東日大昌平に準々決勝で敗れた東北大会。東北の強豪校と試合を重ね、レベルの高い投手の変化球に対応できていないことに気付いた。それからは狙い球を直球から変化球に変え、積極的に変化球を打つよう心掛けてきた。

 この日も1点先制後の1回2死二塁で回った最初の打席では、真ん中低めのカーブをしっかり捉え、左前に運んでチームに2点目をもたらした。小野寺は「これまでの練習が実った。自分は出塁するのが役割。3年生のためにも次も役割を全うしたい」と意気込んだ。

 【7月9日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第3日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る