「夏の高校野球福島大会」15日熱戦再開 6球場で3回戦16試合

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第99回全国高校野球選手権福島大会第6日は15日、福島市のあづま球場など6球場で3回戦計16試合が行われ、後期日程がスタートする。

 後期はあづまのほか、信夫ケ丘(福島市)白河グリーン、天狗山(白河市)ヨーク開成山(郡山市)あいづ(会津若松市)いわきグリーン(いわき市)の各球場で熱戦が展開される。順調に日程を消化すれば、4回戦は17日、準々決勝は18日、準決勝は21日に行われる。決勝は22日にあづま球場で午前11時開始予定。

 第6シード福島東と春の県大会ベスト8の須賀川の対戦は3回戦屈指の好カードだ。初戦でシード校を撃破した磐城と春ベスト16の田村の一戦にも注目が集まる。13年ぶりに2回戦を突破した塙工は郡山商との一戦に臨む。福島成蹊は初の16強進出が懸かる。

 【 組み合わせ 】第99回全国高校野球選手権福島大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」