会津、聖光学院に7回コールド負け 増井粘投も序盤の失点痛手

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―会津】5回、聖光学院打線を三者凡退に抑えタッチを交わす会津の増井(中央)と斎藤勝(右)=あづま球場

 聖光学院が序盤から着実に得点を重ね、会津に8―0で7回コールド勝ちした。会津は2番手増井泰成(3年)が粘投したが、打撃陣は1安打と好機をつくれなかった。

 降板したエースに代わり粘投した会津の増井。5回は聖光学院の強力打線を三者凡退に抑えるなど意地を見せた。

 3回戦の須賀川桐陽戦で初の完封勝利を挙げたエース斎藤勝史(同)が先発したが、制球に苦しみ連続四球で失点するなど2回途中で降板した。「頼んだぞ」。斎藤から言葉を掛けられ、増井は奮起した。緩急を生かした投球で3、4、5回は無失点に抑えた。

 「このメンバーで甲子園に行きたかった」と斎藤、「後輩たちも一緒に戦った。自分たちよりも上を目指してほしい」と増井。2人の悔し涙の意味は後輩たちがくみ取った。

 【7月17日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第7日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る