いわき光洋、好機キッチリ光南下す 水谷スクイズ迷わずここだ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわき光洋-光南】7回表いわき光洋1死三塁、1番水谷がスクイズを決め三走加藤が生還

 毎回走者を出したいわき光洋が好機を得点につなげ、3―0で光南を下した。

 拮抗(きっこう)した展開、終盤に欲しかった追加点をスクイズで奪ったいわき光洋の1番水谷直道(3年)。「次の1点で試合が決まると思っていた」と胸を張った。

 2回戦で犠打を決められなかった借りをここぞの場面で返した。7回1死三塁、打席に入るとベンチから「スクイズ」のサイン。直前で投手が交代しており、立ち上がりの隙を狙った。「気持ちの準備ができていた」と水谷。2回戦のミスの後、いつも以上に練習したという犠打をしっかり決めると大きくガッツポーズしてベンチの仲間とハイタッチした。

 「ストライクが欲しい配球で迷わずここだと狙った」と投手経験を生かした水谷。次の福島商戦は「県立高校同士のトップ争い。決勝につながるいい試合をしたい」と闘志を燃やす。

 【7月19日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第8日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

入賞まであと『1秒』前回上回る大健闘 都道府県対抗男子駅伝