「お前がいたからここまで来れた」 日大東北・楡井...涙で感謝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院-日大東北】3回裏聖光学院1死、瀬川に中前打を浴び汗を拭う日大東北のエース楡井(右)。捕手遠藤

 「お前がいたからここまで来られた」。試合後、チームメートから掛けられた言葉に、日大東北のエース楡井(にれい)龍之介(3年)は涙が止まらなくなった。

 試合前日の練習で仕上がりが良かったため、練習後のミーティングで約1年ぶりに先発を告げられた。この1年、主に2番手の登板だった。「後ろに頼れる仲間が控えている」。不安やプレッシャーはなく、ただ純粋にうれしかった。「やれることをやるだけ」。丁寧にコーナーをつく投球で聖光打線に挑んだ。初回を0点に抑えたが、2回、2人目の打者に四球を与えると力みが出始め、甘く入った直球に合わせられた。2、3回で計4点を奪われてマウンドを降りた。

 「1人では1番を背負ってマウンドに立てなかった」と周囲への感謝を口にする楡井。「仲間と野球ができて楽しかった」と2年半の高校野球を振り返った。

 【7月21日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第9日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる