「夏の高校野球福島大会」準備整う いわきで開会式リハーサル

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
先導役の岸選手(右)を先頭に行われた入場行進のリハーサル=いわきグリーンスタジアム

 第100回全国高校野球選手権記念福島大会は7日、いわき市のいわきグリーンスタジアムで開幕する。6日、同球場で開会式のリハーサルが行われ、関係者が開幕の準備を整えた。

 大会には連合2チームを含む78チーム、83校が出場する。連合チームは川俣・梁川と会津西連合(大沼、西会津、坂下、猪苗代、湖南)。7日は午前10時から開会式、午後0時30分から開幕試合となる1回戦第1試合の本宮―いわき海星が行われる。

 日程は前期が7~11日で、後期が14~22日。会場は、いわきグリーンスタジアムをメイン球場に、あいづ球場(会津若松市)あづま球場(福島市)ヨーク開成山スタジアム(郡山市)白河グリーンスタジアム(白河市)の5球場となる。

 予定通り進めば決勝は22日午前11時から、いわきグリーンスタジアムで行われる。

 先導役・岸選手「堂々と行進を」

 入場行進で先導役を務める岸和貴選手(平工3年)は「選手が気持ちよくプレーできるよう堂々と行進したい」と意気込んだ。

 岸選手は投手としてベンチ入りを目指したがメンバーから漏れた。その後、鈴木裕監督から「先導をやってみないか」と声を掛けられ、大役を引き受けた。「最初は悔しかったが、自分の最後の仕事をしようと(気持ちを)切り替えた。開会式の成功に向けて頑張りたい」と"全力投球"する。

 【 組み合わせ 】第100回全国高校野球選手権福島大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ25校闘志