福島西が11回サヨナラ勝ち スクイズ失敗の加藤...延長戦殊勲打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【会津工―福島西】延長11回裏、ホームに生還しガッツポーズする一走加藤(中央)と喜ぶ福島西ナイン=ヨーク開成山スタジアム

 福島西が延長戦を制し、会津工に4-3で11回サヨナラ勝ちした。

 会津工との延長戦を制した福島西。スクイズ失敗で、勝利が遠のいたと思われたが、ナインは諦めなかった。

 3―3で迎えた延長11回、1死三塁で打席には加藤大智(3年)。初球、スクイズを狙うが相手バッテリーに外され、飛び出した三走はタッチアウト。「すぐに切り替えた」と、中前打で出塁すると、続く佐藤空大(同)の打球が右中間を破る。「足がつりそうだった」と全力疾走した加藤は、頭からホームに飛び込み仲間とともに勝利を喜んだ。

 決勝打の佐藤は「好機で打つことは常に心掛けていた」と語る。次は一昨年の夏に苦杯をなめた帝京安積との一戦。佐藤は「先輩の分も勝って上に行く」と意気込んだ。

 【7月9日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第3日

 【7月8日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第2日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきサンシャインマラソンまで『100日』 カウントダウン開始