東日大昌平、シード・学法石川に快勝 水戸部...先輩と長い夏に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法石川―東日大昌平】6回表東日大昌平2死一、二塁、勝ち越しの適時二塁打を放つ水戸部=ヨーク開成山スタジアム

 東日大昌平が中盤以降に得点を重ね、学法石川に8―2で快勝した。

 2年連続敗退と"鬼門"だった初戦を突破した東日大昌平が、今度はシード校を退け、3年ぶりの4回戦進出を決めた。伊藤博康監督は「組み合わせが決まった時から目標としていた試合。今年一番のゲームだった」と激戦を制した教え子をたたえた。

 試合の鍵となったのは相手エースが交代して迎えた6回。「代わった投手の立ち上がりを攻めよう」。2死ながら失策と四球で訪れた一、二塁の好機。1番水戸部稜希(2年)が低めのスライダーを引っ張り、1点を勝ち越した。

 ここまでの3打席とも凡退していた水戸部。「投手陣が頑張っていた。絶対に打ちたかった」。指揮官からの信頼はもとより、好リリーフで勝ち越しを許さなかったエース志賀恒太(3年)にバットで応えた。

 ここ2年、初戦敗退の悔しさを味わった先輩の背中を見てきた水戸部は「3年生のためにも長い夏にしたい」とさらなる活躍を約束した。

 【7月14日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第6日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手