聖光学院『猛攻』...日大東北をコールド 頼れる一番・田野勢い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―日大東北】3回裏聖光学院1死二塁、二走大松をかえす一打を放つ田野=いわきグリーンスタジアム

 3回の集中打で畳み掛けた聖光学院が日大東北を圧倒、11―1で5回コールド勝ちした。

 3回、左前に強烈な一打を放った聖光学院の田野孔誠(3年)は「思い切った打撃ができた」と充実感をにじませた。

 「自分のバットで仲間を勢いづけよう」と意識して臨んだという第2打席。打ったのは初球だった。内角の直球を引っ張ると、力強い打球が相手左翼手の失策につながり、勝ち越しの走者が生還した。「来た球をフルスイングできた」と練習の成果を口にする。

 これまで数々の激闘を演じてきたライバル校を下して12年連続の甲子園に「あと3勝」と迫った。「次も積極的な打撃を見せたい」と頼れる一番打者がさらなる活躍を約束した。

 【7月17日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第8日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場