聖光学院エース衛藤...締めた『零封』 最後の打者を空振り三振

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―福島商】6回裏、打者を三振に抑え雄たけびを上げる聖光学院のエース衛藤

 歓喜に湧く聖光学院ナインの中心にはエース衛藤慎也(3年)がいた。4回からマウンドに上がり零封。「3年間の歩みが良かったんだと思った」と充実の表情を浮かべた。

 強打の福島商に追い上げを許さなかった。6回を投げ被安打はわずか1本。最後の打者をスライダーで空振り三振に仕留めると、右手を強く握りしめた。

 エースの原動力となっているのはセンバツの悔しさ。右ひじのけがで出番は初戦の4イニング。東海大相模(神奈川)戦では登板せず、背番号1を付けながら、チームを見守るしかなかった。

 「センバツがあったから今がある」と衛藤。その後ひじの手術を乗り越え、マウンドに戻ると、さらに進化した姿でチームを先導している。「一瞬一瞬をやり切りたい」。今度こそは聖地で大暴れするつもりだ。

 【7月22日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・最終日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる