選手宣誓は只見・渡部主将「正直驚いた」 夏の高校野球福島大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手宣誓に決まった只見の渡部主将

 夏の甲子園出場を懸けた第101回全国高校野球選手権福島大会の組み合わせ抽選会は25日、郡山市の郡山ユラックス熱海で開かれ、選手宣誓は只見の渡部倫主将(3年)に決まった。

 希望校38校の中から選手宣誓の当たりくじを引き当てた只見の渡部主将は「正直驚いたが、決まったからにはしっかりやりたい」と笑顔で語った。

 この日はくじ運がさえ、組み合わせ抽選の順番を決めるくじでも1番を引き当てると、会場の注目を集めた。「選手宣誓で何を伝えたらいいかですでに頭がいっぱい」と話しながら「会津は地域とのつながりが強いチームが多い。地域への思いもしっかり伝えられれば」と話した。

 【 組み合わせ 】第101回全国高校野球選手権福島大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」開幕 令和初の甲子園懸け熱闘始まる