チームの思いを胸に...聖光学院・鈴木拓人、背番号「1」に決意

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第98回全国高校野球選手権大会に本県代表として出場する聖光学院は29日、ベンチ入りするメンバー18人を発表した。

 「背番号に重みを感じている。チームの思いを胸にエースらしい姿を見せたい」。「1番」を託された鈴木拓人(3年)は決意を新たにした。

 この日は守備、打撃ともに練習。「良い緊張感を持ってできた。ピッチングの感覚も良い」と大舞台に向け順調さをアピールした。

 松本康希主将(3年)は「全員が一丸となれるよう引き締まった雰囲気で練習してきた」と強調した上で「(福島大会)10連覇を背に、日本一を目指して戦う」と意気込んだ。