「本番に向け緊張感」 聖光学院エース・鈴木、100球の投げ込み

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
約100球を投げ込んだエース鈴木=鳴尾浜臨海公園球場

 聖光学院は鳴尾浜臨海公園球場で本格的な練習を再開させ、ナインが守備や打撃、投球練習などで切れのある動きを見せた。

 エース鈴木拓人(3年)は斎藤智也監督らが見守る中、直球と変化球を織り交ぜ約100球を投げ込んだ。

 鈴木は「投球フォームとコースを意識して投げた。調子は良くなっている。本番に向け緊張感を持って臨めた」と手応えをつかんだ様子だった。