「拓人さん助けたい」 甲子園初登板、斎藤が好救援で無失点

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院-クラーク国際】5回途中から登板し無失点の粘投を見せた斎藤

 「拓人さんを助けたいという気持ちでマウンドに立った」。初回からクラーク打線に捕まり3失点となったエース鈴木拓人(3年)に代わって、5回途中から救援した斎藤郁也(2年)。味方の好守に助けられながら甲子園初登板を無失点で飾り、大舞台で初勝利を手にした。

 5回途中、マウンドに向かった斎藤は鈴木拓から「打たれてもいいから、思いっきり投げろ」と声を掛けられた。毎回走者を抱えながらも、外角に変化球を集め、粘りの投球で相手打線を打ち取った。

 反省点も残った。「高めに浮いた甘いボールを打たれてしまった。低めを意識して練習に打ち込みたい」。収穫と課題をしっかり刻み、上位進出を狙う。