右翼手・加納、勝利呼ぶ『好捕』 9回一丸、野手陣が堅守連発

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―クラーク国際】9回裏クラーク国際1死、金原の右中間に飛んだ打球を好捕する加納=甲子園

 9回1死、右中間に鋭い打球が飛んだ。長打を予感させる大きな当たりにクラーク国際の応援席が沸く。しかしそのどよめきは、すぐさま聖光学院の右翼手加納皐(さつき)(3年)への大歓声に変わった。落下点目掛けてダイビングした加納は、クラーク国際の期待が詰まった飛球を逃さなかった。「何がなんでも捕ろうと思った」

 最終回、「夏1勝」という野望を掲げたクラーク打線は強い当たりの打球を連発。しかし聖光学院野手陣の堅守がはばんだ。直前には遊撃手の小泉徹平(2年)が好捕を見せた。安打性の当たりをナインは一丸となって守り、アウトを重ねた。

 聖光打線がクラーク国際の投手平沢津虎揮(とらき)(3年)に苦しむ中、打撃面でも5打数3安打と奮闘。8回無死一塁の場面では直球を中前に運び、反撃の口火を切った。

 斎藤智也監督は「打撃、守備、俊足、強打。チーム1センスのある選手」と評する。「初戦で少し緊張したが、チームに貢献できた」と笑顔を見せた加納。強豪ひしめく大舞台に、恐れなく飛び込んでいく。