聖光学院、東邦戦へ練習に熱  冨沢副主将がナインに『げき』

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
聖光ナインにげきを飛ばす冨沢副主将=NTT淀総合運動場球場

 17日の3回戦で東邦(愛知)との対戦が決まった聖光学院は14日、京都府久御山町のNTT淀総合運動場球場で約2時間の練習を行った。練習時点で対戦相手は未定だったが、強豪との対戦を見据え、練習に熱を入れた。

 野手陣はマシン1台と打撃投手2人を相手にフリー打撃、投手陣はブルペンで投球練習に取り組んだ。打撃練習では斎藤智也監督が「気力が技術を引き出す」と鼓舞。松本康希主将(3年)を中心にナインは大声を出し、気持ちを高めた。この日は外野手の鈴木駿輔(3年)もブルペンに姿を現し、約40球を投げた。

 冨沢「ここからが本当に試される時」

 「良いバッターだ」。「向かっていけ」。聖光学院の冨沢直史副主将(3年)は14日に京都府久御山町のNTT淀総合運動場球場で行われた練習で誰よりも大きな声を響かせた。

 神奈川県出身で「甲子園に行きたい」という思いを胸に聖光学院野球部に入部。福島大会では20人の登録メンバーに入ったが、18人で臨む全国大会では外れた。冨沢は「悔しいが、ここからが本当に試される時」と自分に言い聞かせ、チームのサポートに全力で取り組むことを誓った。

 自分のやるべきことを探し、バッティングキャッチャーを務めたり、練習後に率先して荷物を運んだりと精力的に動く。松本康希主将(3年)は「いつも先頭に立ってチームを引っ張ってくれる」と信頼を置く。「チームにとって欠かせない存在でありたい」と話す冨沢の額を流れる汗が、夏の日差しの下で輝いていた。