頼れる主将・松本『真価発揮』 3安打、走攻守でチームけん引

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東邦-聖光学院】5回表聖光学院無死、左翼線に勝ち越しにつながる三塁打を放ち、塁上でガッツポーズする松本=甲子園球場

 優勝候補を相手にした大一番で、ナインから絶大な信頼を寄せられる"頼れる主将"が真価を発揮した。「この夏で一番いいゲームができた」。聖光学院の松本康希(3年)はトップバッターとして安打3本に盗塁を決めるなど、攻めのプレーでチームを先導、強豪を破る金星の立役者となった。

 初戦は無安打に終わり、守備では失策もあった。主将なのに勝利に貢献できず、悔しい思いを抱いて臨んだ東邦戦。優勝候補の一角として挙げられていた強敵との一戦に「自分が先頭に立たなければ」と強い意志を秘めていた。

 「(先発の鈴木)駿輔を楽にさせるため、絶対に先制点が欲しかった」と松本。1回、左前打で出塁すると、相手投手のけん制をものともせず盗塁で二進。さらに暴投でボールがこぼれると、すかさず三塁をおとしいれるなど、狙い通りの積極的な動きでチャンスメーカーの役割を果たした。守備でも再三好捕を見せ、チームを鼓舞した。

 10連覇の歴史を築いてきた先輩と肩を並べる8強に届いた。今度は新たな歴史をつくる番。まだまだ強くなれると確信している。

 次戦は同校初のベスト4が懸かる。強豪撃破後も「気持ちを切り替えて全力でやりたい」と冷静な口調で狙いを定めた。