リリーフ・斎藤、1点献上『無念の涙』 エースの自覚芽生える

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―北海】5回表北海1死一、三塁、エース鈴木拓からマウンドを託される斎藤(右)

 「拓人さんを助けることができなかった」。初戦に続き、聖光学院のエース鈴木拓人(3年)からリリーフした斎藤郁也(2年)。敗戦に涙を拭う背番号1の姿に、悔しさが募り、自分も涙があふれた。

 5回に登板したが、制球を乱し、1死しか奪えず降板した鈴木拓。

 斎藤は「不調であることは知っていた。それでも、エースとして顔色一つ変えずに投手陣を引っ張ってきた拓人さんを支えたかった」。マウンドに上がると、「0点で抑えれば逆転できる」とスライダーを低めに集め、粘りの投球を続けた。それだけに8回2死一塁、チェンジアップを捉えられ、1点を献上すると、無念の表情を浮かべて天を仰いだ。

 鈴木拓が奮闘してきた姿を振り返り、「悔しさを胸に、今度は自分が投手陣を引っ張っていく」と斎藤。エースの自覚が芽生えた背番号18が、新たな歴史へ挑戦する。

 加納「何とか結果残したかった」 奮起の2安打

 主将でエースの北海の大黒柱大西健斗を前に、聖光学院の加納皐(3年)がバットで応戦した。「3年間思うような結果を残せず、悔しい思いをしてきた。何とか食らい付いて結果を残したかった」と大舞台で3打数2安打と気を吐いた。

 斎藤智也監督からは「センスのある打者だが、勝負事には優し過ぎる」と奮起を促されてきた加納。普段は、自分のペースで打席に立つが、「勝利のために出塁することだけを考えた」とこの日は、投手に向かってほえ、感情を前面に出し、立ち向かっていった。

 「大学では、この悔しさを生かして、より勝負強い打者になりたい」。甲子園で自らの殻を破り成長した加納がさらなる高みを目指す。