『深紅の大優勝旗』新調へ 第100回記念、2018年夏の甲子園

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本高野連は24日、大阪市内で全国高校野球選手権大会の運営委員会を開き、来夏に迎える第100回の記念大会に合わせ、優勝校に渡される「深紅の大優勝旗」を約1200万円かけて新調すると発表した。

 新優勝旗は縦1.06メートル、横1.51メートルの大きさで、重さはポール部分を含めて約10キロとなる予定。来年4月ごろに完成する見通し。地方大会の優勝旗も同時にリニューアルする。

 現在使用している優勝旗は2代目で、1958年の第40回記念大会から約60年間使用されてきた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、9回サヨナラ「11連覇」 夏の福島大会、戦後最多更新