仁平主将「甲子園で優勝目指す」 聖光学院ナインが優勝報告会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝を報告するナインら

 第99回全国高校野球選手権福島大会を制し、11連覇を達成した聖光学院の全国大会出場壮行会・福島大会報告会は24日、伊達市の同校で開かれ、ナインが甲子園での活躍を誓った。

 生徒や教員ら約700人が拍手で迎える中、ナインと斎藤智也監督、横山博英部長が入場。横山部長が優勝を報告し、応援への感謝を述べた。

 新井秀校長が「活躍を期待し、声の限り応援する」と激励。斎藤監督は「深紅の大優勝旗を、白河の関を越えさせるという意気込みで甲子園へ行く」と抱負を述べた。仁平勇汰主将(3年)は「優勝を目指す。温かい応援をお願いします」と決意を語った。

 ナインは25日に練習を本格的に再開し、31日に大阪入りする予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン