「背番号1」はエース・斎藤 目標優勝「勝利のために投げる」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島大会に続き、背番号1を託されたエースの斎藤郁也(3年)は「自分がしっかりしないといけない。プレッシャーもあるがチームの勝利のために投げたい」と気を引き締めた。

 昨年も甲子園のマウンドを経験しただけに、「甲子園の戦い方を仲間に伝えたい」と話す。本番までのチーム力向上が上位進出への鍵だ。目標は優勝。


 仁平勇汰主将(3年)は「チームのまとまりが増してきた。全国8強の壁を破り日本一になりたい」と力を込めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る