唯一の2年生・矢吹「大胆な打撃を」 福島大会で打率・4割超

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
甲子園練習で軽快な動きを見せた聖光学院ナイン=1日午後、甲子園

 ベンチ入り唯一の2年生で、初めて甲子園練習に臨んだ矢吹栄希は「(甲子園は)福島より蒸し暑い。たくさん汗をかいた」と、厳しい暑さに苦笑いを浮かべた。

 「平常心で大胆な打撃を見せたい」と矢吹。4割超の打率を記録した福島大会での調子を維持し、憧れの甲子園でも鋭い打球を外野に飛ばした。

 「控えの3年生の気持ちに応え、日本一になりたい」。矢吹は先輩の思いを背負い、表情を引き締めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手