佐藤、好調アピール「バット軽く感じる」 山陽エース想定練習

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
練習で広角に長打を打ち分けた佐藤晃

 相手エースを想定した実戦練習で、右の本格派投手から左翼方向の本塁打、右翼線上の三塁打と広角に打ち分けた佐藤晃一(3年)は「打球を強く押し込み飛ばすことができた」と充実した表情で話した。

 対戦相手が決定し、聖光学院ナインは福島大会後から打撃力向上のために振り込んできた1キロのバットを、通常の900グラムのバットに戻した。佐藤晃は打撃感覚の変化を「バットが軽く感じ、思い切り振れるので内角の球に振り負けなかった」と分析。球威のある内角の速球に力負けせず、スタンドに運んだ。

 打撃で好調さをアピールした佐藤晃。好投手が相手となる初戦に向け「福島大会でも右の速球派とは対戦している。苦手意識はない」と頼もしく語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場