捕手・佐藤、勝負どころ好リード エース鼓舞「大胆に攻めろ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―おかやま山陽】聖光学院の投手斎藤をリードした捕手佐藤晃

 「試合の中で修正できた」。聖光学院の捕手佐藤晃一(3年)は好リードでエース斎藤郁也(同)の完封劇を支えた。

 序盤、斎藤の決め球であるスライダーが安定せず、佐藤は低めにミットを構え、決め球をチェンジアップに切り替えるなど立て直しを図った。走者を出した場面ではマウンドに掛け寄り、「大胆に攻めろ」「守りがいる。バッター勝負だ」「死ぬ気で抑えるぞ」と鼓舞。その言葉に応えるように斎藤は尻上がりに調子を上げ、奪三振を重ねた。

 9回2死二塁の場面では、三盗を狙う走者を矢のような送球で刺し、勝利を決めた。「完封は今までなかった。素晴らしい投球だった」と佐藤。エースの快投を引き出した女房役は、満足げな表情を浮かべた。

 【8月10日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる