聖光学院、貫禄の勝利にOBも笑顔 ナイン後押す620人の声援

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スタンドからナインに声援を送る応援団=10日午後、甲子園

 兵庫県西宮市の甲子園球場で10日に行われた第99回全国高校野球選手権大会第3日。2年連続で初戦を突破した本県代表の聖光学院は、貫禄の試合運びでおかやま山陽(岡山)を下した。

 聖光学院の一塁側アルプススタンドからは、生徒や保護者ら約620人がナインに声援を送った。

 関西県人会の鈴木直会長(71)は貫禄の勝利に「素晴らしい。11連覇の力を出し切ってくれた」と感激。次戦に向け「次第に一つのミスも許されなくなる。反省を生かして頑張ってほしい」とエールを送った。

 スタンドにはOBの姿もあり、たくましくなった後輩の姿に目を細めた。昨夏の甲子園に出場した西川将也さん(18)=関西大1年=は序盤から主導権を握ったナインに「格好いい。きらきら輝いて見えます」と笑みを浮かべた。

 【8月10日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場